×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

普通に生活して1年で100万円得した超節約術!

 

普通に生活して1年で100万円得した超節約術!






節約をはじめようと思ったきっかけ

私はもともと東京にある外資系大手企業に勤めていたのですが、都会での生活に疲れ、地方企業への転職を決意しました。
地方への転職により自分の時間は比較的作れるようにはなりましたが収入が約半分になり、支出が収入を大きく上回る状況でした。

一度慣れてしまったライフスタイルを変えるのは大変です。

最初は、貯蓄を切り崩しながら生活していましたが、
お金が無限にあるわけもなく、しばらくすると貯金の額が底をついてきました。

家計を否が応でも見直す必要に迫られました。

そのような状況で真っ先に思いついたのが節約でした。

様々な節約術を実践してみましたが、
本などに書かれている節約術の多くはケチケチした方法が多く、精神的にも辛く長続きしませんでした。

転職により半分になった収入で今まで生活レベルをなんとか維持出来ないものだろうか。

いろいろと試行錯誤の末にたどり着いたのが、
外資系企業にて身につけた合理的な考え方を節約術に応用することでした。
普段の暮らしの中は無駄な部分が少なからず存在します。

その無駄を合理的になくすことで普通に生活しながらも実は節約出来ているという節約テクニックです。
その方法を超節約術と名づけました。

この節約テクニックを実践してからというもの以前勤めていた大手企業にいた頃よりも金銭的に余裕が出てきました。
今では年に5回以上海外旅行をしますし、かなりの貯蓄をすることにも成功しました。

超節約術の一つをご紹介すると現金で支払っていたものをカードに切り替えるだけで、
私たちの家庭の場合は年間10万円以上の価値がある特典を獲得しています。
カードのポイント特典といえばタオルなどの商品や年間数千円の商品券などが一般的ではないかと思います。
1年間で頑張ってこれだけでは、残念ながらクレジットカードを上手に活用しているとはいえません。
カード選びによっては支払い金額の2〜10%相当の特典に交換することも可能です。
すなわち、年間100万円カードで支払えば2〜10万円相当の特典がもらえるというわけです。

"そんなに買い物をしないよ"という方でも、
毎月必ず支払わなくてはいけない光熱費や通信費(携帯電話、インターネット)、NHK、国民年金、ガソリン代等、
全てをカードで支払うようにすれば、年間では結構な額になります。
実はカードを使うシーンは生活のなかに結構あります。
私たち夫婦の90%以上はカードで支払っています。

カード選びやその活用方法を含め
"知っているか知らないか"
なんです。

そんなことは身の回りにいっぱいあります。
その節約効果は?
1年間で100万円以上の節約効果がありました。
でもケチケチした生活じゃなく普通に生活しているだけなんです。
私自身とても効果があったこの超節約術をメールマガジンとしてまとめ2005年5月に創刊し、
はや4年以上経ちましたが、発行部数が2万部以上となり節約系メルマガで日本最大級の発行部数となりました。

その一部をまとめた無料ebookはこれまでに10000人以上の方にダウンロード頂きました。

実際にメルマガ読者様から100万円節約出来たという嬉しい声も頂きました。
実際にこういう声を頂いたことと、多くの読者の方から、今までメールマガジンで配信してきた内容をみたいというご要望を頂いたため、
今回、メールマガジンで配信してきた内容+αを一冊のebookとしてまとめました。

それがこの「普通に生活して1年で100万円得した超節約術!」です。

ebookの一部をご紹介すると

・クレジットカードを使った超節約術
・月20回以上銀行振込手数料を無料にする方法
・無料で新聞を読む方法
・キャンペーンを活用し11000円をローリスクで得する方法

をはじめとして

・考え方を変えるだけで出来る超節約術
・日常生活での超節約術
・通信費関連の超節約術
・光熱費関連の超節約術
・車に関する超節約術
・インターネットを活用した超節約術
・海外旅行での超節約術
・緊急時に使える超節約術
・資産運用と超節約術との関係
・超節約術(応用編)

など、これまで4年に渡りメルマガで配信してきた47個の超節約術ノウハウをご紹介しています。

今回過去のメールマガジンの内容をまとめただけでなく新聞を無料で読む方法や、
銀行振込手数料を20回以上無料にする方法など、
メルマガではご紹介していない内容もご紹介しています。

このノウハウを実践して頂くだけでebookの購入費は簡単に回収出来、それ以上得し続けられるでしょう。

>> 続きはこちら